排煙の健康被害と薬剤師の服薬指導とチャンピックス

企業のオフィス内の禁煙と言うのは、煙草を吸わない人に対する健康被害を防止する目的が在ります。
喫煙者が吐き出す排煙はオフィス空間の空気を汚す要因でもあるのですが、健康被害を受ける要因となるのは排煙よりも副流煙と呼ばれる煙草から立ち上る煙が原因と言われています。

オフィス内が禁煙となっているため、喫煙をする時には喫煙所に行って煙草を楽しむ必要が在りますが、喫煙所内にも副流煙と言う煙は存在しているやめ、受動喫煙をするリスクが高くなります。
そのため、喫煙所内には分煙機と言われている空気清浄機を設置し、喫煙者が吐き出した排煙や受動喫煙の原因となる副流煙を吸引させ、空気を浄化させています。

禁煙をする事でのメリットは、肺ガンや脳梗塞と言ったリスクを引き下げられることなどが挙げられますが、禁煙をすることで街中などでの喫煙所探しが要らなくなると言ったメリットも在ります。
最近は路上喫煙や歩行喫煙が禁止になっているエリアが増えている事や煙草の値段が高くなった理由からもチャンピックスを利用して禁煙をしようと考える人が増えています。

チャンピックスは禁煙外来などで処方して貰うことが出来る他、通販サイトなどで購入が出来ますが、ドラッグストアや薬局などでは購入が出来ないと言われています。

尚、ドラッグストアや薬局には薬剤師と呼ばれる人が必ずいますが、薬剤師と言うのは医師が書いた処方箋に在る医薬品の調剤を行ったり、お店に訪れたお客さんに対しての医薬品の説明や服薬指導などを行う人であり、禁煙外来で処方を受けたチャンピックスの処方を行うのも薬剤師ですし、チャンピックスの副作用についての説明や服用する時の注意点などの説明を行ってくれます。